アニメ・マンガ(漫画)・ゲームを学べる大学はどこ?

授業をしない塾の武田塾茂原校です☆

今や日本の誇れる文化であるアニメやマンガそれにゲームに興味がある人は多いでしょう。

物が売れない時代に、経済効果も期待できる有力コンテンツです。

そのような業界に携わりたいと考えている学生も多いのではないでしょうか?

実は、アニメやマンガに関して学べる大学も多いのです!

今回はそんな大学をご紹介します!

【アニメ・マンガ・ゲームを学べる大学一覧(関東)】

千葉大学(国立)工学部:デザインコースでは、多様なニーズに柔軟に対応でき、デザイン界をリードして国際的に活躍できる人材を育成する。卒業生には、自動車、精密機械、家電製品、家具などの製造業、情報産業や地域開発産業などにおいて、企画・設計・開発などの業務を行うデザイナーとして、また、全国デザイン系大学の教員や試験研究機関におけるデザイン研究者として活躍する道が開かれる。

城西国際大学(私立)メディア学部:映像芸術コースでは、「映像技術」「アニメーション・CG」「芸能・ステージ」「サウンド・音楽」「制作・演出」など全8分野がある。日活調布撮影所や各分野の専門家による演習授業を開講し、エンタテインメント業界で求められる実践力を身につける。

東京情報大学(私立)総合情報学部:大量の情報が高速で行き交う現代社会をリードする人材を育成するため、情報をさまざまな角度から深く学べる「3学系制」の学びを用意している。システム開発やゲームなどの理系分野だけでなく、心理学や経営などの文系分野、映像・音響などのエンターテインメント系、さらにはスポーツ科学や環境、数理情報など、多岐にわたる学びのテーマがそろう。幅広い分野から自分の興味を発見し、情報にかかわる知識や技術を多角的に深く学ぶ環境が整えられている。

跡見学園女子大学(私立)文学部:現代文化表現学科では、現代社会で生み出されているカルチャーやエンターテインメント(映画、音楽、舞台芸術、デザイン、マンガなどの身近な文化表現)を中心に研究を行う。

桜美林大学(私立)芸術文化学群:ビジュアル・アーツ専修では、コース制ではなく、複合的に学び、美術、工芸、テキスタイル、グラフィックデザイン、プロダクトデザイン、マルチメディア、映画、アニメーションなどの理論と実践を横断的に学ぶ。