武田塾合格体験記.png
​早稲田合格ss36!
​早慶ダブル合格!
​国立医学部合格!
合格体験記 ♪

入塾して3か月で変われた!

これはとある生徒さんの入塾3か月目時点での記録です。

進捗状況報告:Bさん(2016年1月入塾・医学部志望(出来たら国公立)

Bさんは医学部志望ですが、入塾時は生物くらいしか得意科目がない生徒さんでした(生物だけは偏差値60くらい)。

そこから、以下の様に学習が進みました。

【英語】

システム英単語、速読英熟語、Vintageがもう少しで1周目終了!

英文解釈のテキストにも突入。

4月末か5月中旬までに、日東駒専レベルの初見の問題演習に入ることが目標(通常19週程度かかるので、順調です)。

彼女は英語が一番苦手で、いつも確認テストの前は「絶対合格できない~…」とか弱音を吐いてます(笑)。が、始めたころに比べると、かなり語彙力も高まっています。毎回確認テストを突破しているのが何よりの証拠ですね。

【数学】

基礎問精講ⅠA終了!ⅡBもほぼ終了!いよいよ苦手だといっている数Ⅲに入ります!

数Ⅲが終了すれば、MARCHレベルの参考書に入ります。かなり順調な推移です。

【化学】

最初は物理よりはマシ、という消極的な選択で化学を始めました。

しかし、先生のアドバイスと本人の真面目な取り組みで、理論化学はかなりり実力が付きました。

まだ模試の結果が返ってきてないのですが、手ごたえがあり、今週あった定期テストでも、化学はかなり出来たそうです。

彼女はちゃんとできてる時でもあまり大きなことは言わない子なので、その子が出来たということは…と僕たちもかなり期待してます!

 

生徒さん達を見ていて思うのは、やはり自学自習で勉強すると、定着度合いが格段に上がるんだなということです。

他の生徒さんも言ってたのですが、武田塾のカリキュラムを毎週こなしてると、定期テストの範囲が「そんなもんか」と感じられるそうです。

また、直接同じ単元を進めているわけではないですが、基礎力がつくと、テスト範囲の教科書の理解や問題演習がサクサク進んで格段に頭に入りやすくなるとの事。

先週くらいから学年末テストに入った生徒が多かったので、通常より確認テストの範囲を少なくしたり、定期テストの範囲に合わせたりした生徒も多かったのですが、中には、『学校のテスト勉強はもう大丈夫なので、確認テストの範囲を増やしていいですよ』と言ってきた強者もいます。頼もしい限りです。

自分で勝ち取った自信は、とても強いものです。

入試までにどれだけの壁を越えてきたか、自分自身の限界を超えてきたか、こういった経験は、必ず試験の時に力になってくれます。

「日々、コツコツと手を抜かずにしっかりやり続けること」は何にも勝る受験勉強の勝利の方程式だと、私は思います。

 

試験を受けるのは自分自身です!その時、先生たちは助けてあげられません。皆さんも武田塾で一緒に勉強してみませんか。 

武田塾 成城学園前校 日本初!授業をしない予備校 参考書で大学受験を目指すなら、武田塾 暗記法!