【参考書だけで筑波大学で合格点を取る方法】

筑波大学 文系編

筑波大学を受験する際に押さえておきたい重要なことは、出題される問題の難易度が難しく設定されているということです。主に社会や理科、そして国語で、対策をしっかり行っていないと点数を取ることが出来ない問題が出題されます。また、社会科目の中に倫理が含まれており、受験科目として選択することが出来るというのも特徴です。


センター試験の配点は、半分程度か若干低く設定されている学部がほとんどです。

 

二次試験に安心して取り組めるように、センター試験で高得点を取れるように学力を仕上げる必要があります。


センター試験の総合得点の目標は8割前後で、できれば8割を超えることを目標にしましょう。最低でも、7割後半は獲得しなくてはいけません。

各教科の対策動画を確認して、しっかり対策をしていきましょう!!

 

基本的には、武田塾のどの校舎でも、公開されているルートに沿って、生徒さん一人一人の学力レベルを見極め、そこから志望校のレベルに達するまでに定着させていかなければいけない要素を、客観的なテストをもとにしっかりと定着しているかどうかを管理して勉強を進めています。

​科目ごとに対策を簡単に説明しておきますので、まずは下記動画をみてください。

【筑波大学】入試の特徴
【現代文】入試の特徴
【漢文】入試の特徴
【日本史】入試の特徴
【地理】入試の特徴
【英語】入試の特徴
【古文】入試の特徴
【文系数学】入試の特徴
【世界史】入試の特徴
【倫理】入試の特徴

各教科の対策動画を確認して、しっかり対策をしていきましょう!!
 

基本的には、武田塾のどの校舎でも、公開されているルートに沿って、生徒さん一人一人の学力レベルを見極め、そこから志望校のレベルに達するまでに定着させていかなければいけない要素を、客観的なテストをもとにしっかりと定着しているかどうかを管理して勉強を進めています。
 

この、『定着度』と『進度』の管理が受験勉強をするうえで、最も重要な点です。
 

よく、武田塾のHPを見てくださって、「逆転合格」したいです!と言って下さる方がいますが、カリキュラムの話をすると、結構びっくりされる率が高いです(主にそのボリュームで)。
 

勉強には、近道も王道もありません

 

たどり着きたいレベルが高ければ、そこに至る道のりは険しくて当然です。「頂上までのロープウェイ」的なものは、もし仮にあったとしても、結局自分の本当の力にはならないです。
 

自分を厳しく律して受験に打ち勝ちたい方、自分の学力の限界を超えたい方、是非、私たち武田塾成城学園前校にお手伝いさせてください!自分に勝てた時に感じられる達成感や充足感を一緒に感じましょう!
 


 

カテゴリー
武田塾とは
ブログ記事

日本初!授業をしない予備校

武田塾 茂原校

まずは無料でご相談くだい

​千葉県茂原市千代田町1-10-8

Nビル1階

TEL : 0475-44-5106

​※外房線 茂原駅 徒歩1分

ソーシャルメディア:

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter Clean