千葉大学対策!英語の傾向と参考書による対策

こんにちは。

武田塾茂原校です。

今回は千葉大学の英語について話していきましょう。

千葉大学英語の傾向

千葉大学入試合格のために大きなカギとなってくる科目は英語です。

もちろん他の科目をおろそかにしていいわけではありませんが、この英語でしっかりと得点できるかどうかが合否を分けることが多いです。英語が苦手な人でもなんとか最低限のラインを超えられるようにしておきましょう。

近年の千葉大学英語では大問3題で90分の試験となっています。

大問構成は長文読解が2問英作文1問という形式になっています。

一見すると時間に余裕がありそうな試験に思えますが、長文読解の文章量が多く英語を苦手とする人や対策をおろそかにしていたりすると時間が厳しくなってくる可能性が高いです。

出題形式としては、下線部について簡潔に説明させる問題や、True or False問題(文章の内容に適するものはT、適さないものはFとする問題)、和訳問題といったようにシンプルな出題が多いため、そう行った部分での対策はしやすいと言えます。

いかに長い長文に慣れておけるかが大切になってきます。

英作文では200〜250語のものが書ける力を求められます。

基本的な英作文の対策をするとともに、自分が使える英文のストックを増やしておくことが重要です。

千葉大学英語の基本対策

基本的な対策として、英語の土台となる単語・熟語・文法・構文といった知識をまずはしっかりと身につけておきましょう。

千葉大学の試験では単語帳にあまり載っていない単語が出てきて推測する力を要求されるところもありますが、基本的ん単語は知っておかなくては推測するための材料も減ってしまいますし、なにより超長文を読んでいく上でわからない単語が多いということでは時間内に読み切るのが厳しくなってしまいます。

まずは基本的な単語帳1冊、熟語帳1冊、文法書1冊、構文の参考書1冊を仕上げておきましょう。

オススメ参考書は最後にまとめて紹介します。

千葉大学英語の長文対策

最初にも言いましたが、千葉大学の長文の大きな特徴はその長さにあります。

とても長い長文になっていますので、文章全体としての話の流れをしっかりとつかみつつ読んでいけるかどうかが重要です。

そのためには、パラグラフリーディングで1つ1つのパラグラフごとの内容を整理しながら読み進めていくことが大切になってきます。

True or False問題は文章全てを読んでから解答しようとすると時づらい問題も多いため、パラグラフごとに解答していくのが良いでしょう。

出題形式としてはシンプルかつベーシックな出題形式になっているため、記述も含めた一般的な読解参考書や総合問題集でトレーニングをしておけば十分に対応できます。

あとは文章量が多い長文への慣れが必要になってきます。時間がない人は過去問のやり込みで対応してもいいのですが、余裕があれば「やっておきたい英語長文700」などの文章量が多い長文参考書での対策をお勧めします。

千葉大学英語の英作文対策

英作文の基本的な対策としては和文英訳の英作文参考書を1冊仕上げておけば十分です。

それに加えて自分が使える文章のストックが多いほど有利になってきます。

英作文参考書の基本暗唱例文を覚えたり、普段の英語学習で使える英文の量を増やしていく意識をしていきましょう。

最後は過去問を中心にやり込みをして、必要であれば学校の先生などに添削をしてもらいましょう。

千葉大学対策参考書

≪ 基本対策参考書 ≫

単語帳

システム英単語、ターゲット1900などの標準レベルの単語帳1冊

熟語帳

速読英熟語などの標準レベルの熟語帳1冊

文法書

ネクステージ、Vintage、PwoerStage、UP GRADE、英頻などの標準レベルの文法書1冊

構文

入門英文解釈の技術70(英語が苦手な人向け)、基礎英文解釈の技術100(英語が苦手ではない人向け)

長文

やっておきたい英語長文300、500、頻出英語長文

英作文

英作文ハイパートレーニング和文英訳編

総合問題集

国立標準問題集Canpass

≪ 追加参考書 ≫

構文 ポレポレ英文読解プロセス50

優先度 ★★☆☆☆

非常に難易度が高い構文参考書。読みづらい文章もこの1冊を仕上げておくことで読みやすくなっていく。時間に余裕があり、英語で稼ぎたい人はやっておけると良い。

長文 やっておきたい英語長文700

優先度 ★★★★☆

千葉大学の非常に長い長文に慣れるためにやっておきたい。文章量もさることながら問題も骨のあるものになっているため、基本対策参考書が終わったらまず優先的に取り組んでおきたいものになっています。

単語帳 リンガメタリカ

優先度 ★★★☆☆

リンガメタリカは分野別にその分野特有の単語を紹介している。標準的な単語帳に掲載されていないが入試に出題されたことのある単語も多く収録されているため、余裕があればやっておきたい。

また、各分野の背景知識に関しても掲載されており、それを知っておくことで長文読解においても国語の読解においても文章が読みやすくなることが期待できる。

標準的なレベルの単語帳の完成度が高まったらその他の勉強と並行しながら進めておけると良い。

『無料受験相談』

武田塾 茂原校では随時無料の受験相談を行っております。

志望校選び、正しい勉強方法、偏差値を上げる方法、将来のこと、どんな内容でも個別に対応いたしております。

【武田塾 茂原校 茂原の個別指導塾・予備校】 〒297-0023 千葉県茂原市千代田町 Nビル 1F 外房線 茂原駅 徒歩1分 TEL:0475-44-5106 Mail:mobara@takeda.tv

タグ:

関連記事
​カテゴリー
最新記事