日本人は数学が苦手なの?国立受験で必要なのに!

授業をしない塾の武田塾茂原校です☆

千葉大学など、国立大学や公立大学志望の受験生は多いですね!

私立大学なら文系科目または理系科目どちらか選択して、それだけ勉強すれば良いのですが、国公立だとそうはいきません。

文系でも理系科目を、理系でも文系科目を勉強しなければなりません。

苦手科目は人に寄りけりで、対策も違ってくると思いますが、全教科の中で一番時間がかかるといわれているのが数学です。

そして、なんと日本人は数学が苦手な人が多い傾向にあるみたいです!

良かった~自分だけじゃ無かった~なんて安心してはダメですよ(;´・ω・)

何故日本人は数学が苦手なのでしょうか?

それには、小学校の頃に受けた授業が関係しているみたいです!

◆分かりやすく教えすぎているから?

小学校は、子供達が初めて科目という勉強に触れる場です。

数学を勉強する前の段階である、算数に最初に触れるのが小学校ですね。

多くの子供達が一番勉強する場が小学校なのです。

学校の先生も、そんな生徒達には分かりやすい授業をすることを心がけるはずです。

これの何がいけないのか?と疑問に感じるでしょう。

授業は分かりやすい方がいいに決まっていますから!

しかし、分かりやすい授業を受けた生徒は何も疑問に思うことができないのです。

数学は思考力が必要な科目なので、疑問が無いまま終えてしまうとそれ以上数学という科目を考えなくなります。

思考力が養われず、結果として数学が苦手な学生を量産することになるのです。

◆教育システムに問題がある⁉

数学が苦手な学生が増えるのは、教育システムに問題があると言われています。

まず、学校教員を志望する学生は大学に入学する必要がありますが、文系の学生の場合、理系科目が得意でなくても受験できる科目設定になっています。

そして、教員になる為に学ぶことはやはり教え方なのです。

そりゃそうだろと思いますよね、先生になるのだから。

けれど、文系の先生は算数などの理系科目に自信がないので、分かりやすい授業について学んでしまいます。

生徒に分かりやすい授業を提供しようとする努力は素晴らしいはずなのですが、まさかそのせいで数学が苦手な生徒を増やしてしまうなんて悲しい事実ですね(T_T)

◆分かりやすい授業はいけないの?

わざと分かりにくい授業が良いとか、ぼそぼそ話す先生の方がいいとか、そういう話ではありません。

ただ人間とは、わざわざ煩わしいことを考えたくない生き物なのです。

授業が分かりやすければそれで納得してしまいます。

機械的に授業を受けて、ドリルを解いて提出したらOKだと、思考力は養われません。

その現状が良しとされているのが問題かもしれませんね。

勉強は教わるもの、分かりやすい授業がいいというのは、自発的な勉強を妨げるのです。

◆最後に

小学生の頃にあやふやなまま勉強を終えてしまうと、中学生になって苦労します。

中学生の頃にあやふやなまま勉強を終えてしまうと、高校生になって苦労します。

高校生で勉強があやふやだと、大学受験に合格できません。

このような結果にならない為には、授業に頼り切るのではなく自学自習が必要だと考えています。

参考書を開いて、自ら問題を解くことで思考力も養われるのです( `―´)ノ

『無料受験相談』________________

武田塾茂原校では随時無料の受験相談を行っております。 志望校選び、正しい勉強方法、偏差値を上げる方法、将来のこと、どんな内容でも個別に対応いたしております。

【武田塾茂原校 茂原の個別指導塾・予備校】 〒297-0023 千葉県茂原市千代田町 Nビル 1F 外房線 茂原駅 徒歩1分

TEL:0475-44-5106 Mail:mobara@takeda.tv

アクセスはコチラ!

関連記事
​カテゴリー
最新記事