手に職をつける時代は終わった⁉ 工業高校から大学進学への進め

授業をしない塾の武田塾茂原校です☆

かつて就職の為には商業高校や工業高校に行き、手に職をつけてすぐに働くことが主流でした。

近年では大学に進学する学生も多くはなってきましたが、まだ手に職をつけて働いた方がいいと考える世代や地域は多いでしょう。

よく分からない大学に行って遊んで4年間過ごすより、社会に出た方が有意義だという意見も分かります。

しかし、時代の流れは怒涛に変化しており、単純に手に職をつければいいというわけにもいかなくなりました。

今回は、愛知総合工科高校の例から大学進学の今を見ていきたいと思います!

◆工業高校から京都大学・名古屋大学

工業高校は卒業するとそのまま就職する人が大多数だとイメージされます。

それが近年は変わりつつあるのです。

2016年開学した愛知総合工科高校は今春、京都大学1人、名古屋大学1人、名古屋工業大学2人の合格者を出しました。

他にも国公立大16人、私立大59人の計75人が大学に進学しました。

もちろん、より高い技術を習得する為に専門学校へ進学した人もいれば就職した人もいます。

でも、京都大学や名古屋大学なんて進学校の学生が真剣に目指す所ですよね!