成績良くても油断するな! 試験当日にミスする原因とは?

授業をしない塾の武田塾茂原校です☆

受験生がこの時期だからできること、たくさんミスすることです!

模試も早めに受けていきましょうね。

そうすれば、自分の立ち位置が分かりますしミスを重ねることができます。

何故ミスをした方が良いかというと、試験までの予行練習になるからです。

実は、成績上位者や偏差値が常に高い人でも志望校の受験当日だけミスをして不合格になってしまうことがあります。

それは、ミスをあまり重ねて来なかった為、対策をしなかったからなのです。

試験当日のミスに対策する為には、ミスを重ねることが重要なのです!

◆どんな人でも不安とプレッシャーでミスをする!

そもそも人間とはミスをする生き物なのです。

ヒューマンエラーなんて表現もあります。

どんなに成績が良い人でも、模試で常にA判定取っている人でも、当日ミスをすると不合格になるのが受験です。

人間はAIでは無いので、絶対に失敗しないということはありえません。

今までミスなんてほとんどしなかったのに、大切な受験当日にミスをするなんて辛い!と思いますよね。

けれど、その大切な試験当日にミスをすることは予測できます。

なぜなら、本番であり普段より緊張することは当然だからです。

そういった不安とプレッシャーにより、人はミスをするのです((+_+))

◆ミスをしない為の対策とは?

上述した通り、ミスをしない人間はいません。

しかし、減らす努力と対策はできます。

ミスを減らす対策とは、事前にミスを重ねていくこと。

そして、自分がやったミスを書き出して分析、どうすれば防げるか考えることです。

人間って案外同じようなミスを繰り返すものなのです。

特に勉強だと分かりやすく、同じような問題やパターンでケアレスミスをします。

何故同じ所でケアレスミスをするかというと、以前やったミスを覚えていないからです。

とんでもない失態などは強く記憶に残りますが、単純な計算ミスなどはあまり印象に残らないのです。

まあ、次はできるでしょ。と軽く受け流してしまいます。

そして、また同じミスをするのです。人間って愚か者ですね(笑)

まとめますと、ミスの対策はミスを覚えておくことなのです。

どんなに些細なミスでも覚えておきましょう。

計算の+-のつけ忘れとかもですよ!本番でやったらそれだけで不合格になるかもしれませんからね!!

◆海外では社会人になってからもメンタルヘルスを気にしている

アメリカの経営者など、社会的立場が高い人は自分専用の精神科医やカウンセラーをもっているものです。

理由は、感情のコントロールができなければ判断を誤るからです。

重役などのポジションの人って責任重大じゃないですか。

ストレスもかかりますよね。

そういう意味でメンタルヘルスを気にすることもありますが、やはり人間は感情動物なので一時の感情に支配されると判断が鈍るのです。

自分の決定で会社全体の利益が左右されるのに、感情的に決めてしまってはいけませんよね。

経営者など立場が高い人は優秀な人間のはずですが、それでも感情というものがいかに恐ろしいか分かっているのです。

特に怒りや不安という感情は、判断力を鈍らす大きな要因です。

人生経験豊富な人間でもメンタルコントロールをしなければならないと考えているのです。

まだまだ若い高校生が、試験当日に不安にならないわけないじゃないですか。

そして、不安の中冷静な判断をするのは難しいでしょう。

試験と同じような状況を作りだすことは、本番前にとても有益な練習になります。

模試を受けに行くのは、その為にとても良いことなのです!

『無料受験相談』________________

武田塾茂原校では随時無料の受験相談を行っております。 志望校選び、正しい勉強方法、偏差値を上げる方法、将来のこと、どんな内容でも個別に対応いたしております。

【武田塾茂原校 茂原の個別指導塾・予備校】 〒297-0023 千葉県茂原市千代田町 Nビル 1F 外房線 茂原駅 徒歩1分

TEL:0475-44-5106 Mail:mobara@takeda.tv

アクセスはコチラ!

タグ:

関連記事
​カテゴリー
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
カテゴリー
武田塾とは
ブログ記事

日本初!授業をしない予備校

武田塾 茂原校

まずは無料でご相談くだい

​千葉県茂原市千代田町1-10-8

Nビル1階

TEL : 0475-44-5106

​※外房線 茂原駅 徒歩1分

ソーシャルメディア:

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter Clean