受験勉強は部活を引退してから?それとも同時並行?教えて! 茂原 長生 成東

授業をしない塾の武田塾茂原校です☆

受験勉強と部活道の両立は、多くの受験生の悩みの種!

部活が忙しくて時間が取れないし、疲れちゃうよ~

でも、部活を辞めたくないよ~

日本特有の悩みかもしれませんが、日本国民で盛んな部活に所属してしまったのだから仕方ないと割り切りましょう。

部活動に所属している場合、どのように受験勉強をしていけば良いのでしょうか?

部活を引退してから集中してやればいいの?

それとも、部活をしながら同時並行?

こんな悩みにズバッと解決します!

◆部活を引退してから集中するのは危険

この場合は、部活を引退するまで受験勉強に全く手をつけなかった場合を仮定します。

部活の引退は多くの場合夏~秋です。運動部など特に大会後になりますよね。

正直、受験まで半年無い状態です。

そこから勉強を始めると、あっという間に時間が無くなり入試日になっちゃいます。

つまり、入試までに必要な知識や演習が間に合わないのです。

もちろん、凄まじい集中力を発揮して間に合わせる人もいます。

でも…かなり過酷な勉強量です。

全員が真似して成功できるわけではないでしょう。

◆部活と同時並行して受験勉強するには?

というわけで、現役で大学受験に合格したい場合は部活と同時並行で受験勉強するしかないのです。

どうやればいいかというと、隙間時間を使って暗記事項などの基礎をやっていきます。

英語なら英単語を覚えるくらい、部活が忙しくてもできますよね。

数学が必要なら、公式を覚えていくだけでも違います。

また、学校の定期テストを上手く活用する方法もあります。

自分が受験で使う科目は、付け焼刃の勉強ではなく入試で使えるようにする意気込みで勉強するのです。

そうすれば、学校のテストでも赤点を取ることはまずないので一石二鳥じゃありませんか!

◆部活を辞めることは悪いこと?

例えば強豪校の運動部などは、尋常じゃない時間練習することになるでしょう。

疲れないわけないですし、帰ってから遅い時間まで勉強できる人は少ないはず。

正直な話、強い部活で最後まで大会の為に所属している学生は浪人覚悟という人が多いです。

それはそれで青春を部活に捧げる覚悟なので、良いと思います。

それよりも受験を優先する為に部活を辞めるという判断をする人は、顧問の先生には何か言われるかもしれませんがそれも選択の一つなので悪いことではありません。

一つ注意を挙げるなら、部活を辞めて時間ができたのに勉強時間に全て使えないという学生も多いです。

人間は自分に甘い生き物なので、時間ができることで余裕をもってしまいます。

受験まで一年切っている段階では、正直余裕はありません。

むしろ、時間が足りないくらいです。

せっかく部活を辞めるなら、ちゃんと勉強に全てを捧げましょう。

◆国立志望者は注意!

国公立受験の為にはセンター試験が必要ですが、それは2020年1月をもって終了します。

部活に青春を捧げて、受験は浪人して頑張ろうと思っている人は、浪人後は試験内容が変わってしまっているということを覚えておきましょう。

何が問題なのかというと、新しい試験なので対策がしにくいということです。

高校でもセンター試験を想定した対策をしていたと思いますが、高校を卒業した途端に試験内容が変更したものを高校のアシスト無しで挑む必要が出てきます。

私立志望なら今のところ大幅な変更は無いのですが、国公立志望の学生は要注意です。

『無料受験相談』________________

武田塾茂原校では随時無料の受験相談を行っております。 志望校選び、正しい勉強方法、偏差値を上げる方法、将来のこと、どんな内容でも個別に対応いたしております。

【武田塾茂原校 茂原の個別指導塾・予備校】 〒297-0023 千葉県茂原市千代田町 Nビル 1F 外房線 茂原駅 徒歩1分

TEL:0475-44-5106 Mail:mobara@takeda.tv

アクセスはコチラ!

関連記事
​カテゴリー
最新記事