千葉大学と早稲田大学どっちがいい? どっちを受験すべき?

授業をしない塾の武田塾茂原校です☆

新年号が「令和」に決まりましたね!

本日の話題はきっと新年号でもちきりでしょう(笑)

新しい時代になり、新学期になり、非受験生は受験生になりましたね。

浪人が決まっている人は、引き続き受験生ですよ。

気を引き締めていきましょう!

今回は、千葉大学のような地方国立と早稲田のような難関私立大学ならどっちがいいのか?というお話です。

◆学費と科目の問題

学びたい学部やその大学でしかできないことがあれば、それを基準に目指すべきなのですが、そこまで決まっていないという人は国公立か私立かで悩むみたいです。

茂原校に通う生徒さんの多くは千葉大学を目指しますが、MARCHから早慶までの難関私立大学も視野に入れています。

どちらがいいかと言われても、ご家庭の経済状況や本人の勉強度合いによって違います。

学費は国立の方が安いので、経済的負担を減らすには国公立を目指すのが良いでしょう。

しかし、国公立は受験科目が多いので広い勉強が苦手な人は苦戦します。

状況と自分の得意不得意で変わっていきますね。

◆地方国立はその土地での就職に強い

千葉大学に限らず、その地域の大学はその地域での就職に強いのです。

千葉の地元で就職をしようと考えているなら、千葉大学出身は強い傾向にあります。

もちろんMARCHや早稲田卒業者でも、不利に働くことは決してありませんけどね。

就職から逆算して考えて大学を選ぶのも良いでしょう。

ただ都内の大企業に就職したい場合は、早慶卒業者のOBやOGが多いので、その点は有利かもしれません。

◆両方目指す為にはどうすればいい?

国公立受験をする人の多くは、私立大学を併願するので両方目指すことは可能です。

その場合は、まず国公立なら二次試験に必要な科目を勉強していきましょう。

文系理系が決まっていれば、私立の一般試験で使う科目とそこまで相違ありません。

受験生の夏までに主要科目の基礎を完璧に終えていれば、そこからセンター試験の勉強を始めることができます。

もし、主要科目の勉強が夏までに不十分なら科目を広げることは危険です。

私立大学の上位を狙うなら、国公立は諦めた方が良いかもしれません。

全ての科目が中途半端になる可能性があります。

◆対策時間を考えましょう!

二兎追う者は一兎も得ずということわざがありますね。

最初から全ての教科を勉強していれば、私立にも引っかかるだろうと考えるかもしれませんが、最終的に過去問を解いて対策をしなければなりません。

大学によって出題傾向が違うので、過去問を解かずに受験するのは絶対にやめましょう!

過去問も解けばいいというわけではなく、傾向を知ってさらに対策をしなければいけないのです。

受験期後半になると時間がなくなるので、ある程度志望校を絞って対策する必要があります。

やはり、国公立と私立で迷っている人は夏までにどちらを優先するか決めましょう!

『無料受験相談』________________

武田塾茂原校では随時無料の受験相談を行っております。 志望校選び、正しい勉強方法、偏差値を上げる方法、将来のこと、どんな内容でも個別に対応いたしております。

【武田塾茂原校 茂原の個別指導塾・予備校】 〒297-0023 千葉県茂原市千代田町 Nビル 1F 外房線 茂原駅 徒歩1分

TEL:0475-44-5106 Mail:mobara@takeda.tv

アクセスはコチラ!

関連記事
​カテゴリー
最新記事