【大学受験】夏休みから1ヶ月で2点から7割に衝撃の成績アップ

こんにちは。

武田塾茂原校の原田です。

今回は塾生の衝撃の成績アップについて紹介していきます。

【 生徒の情報 】

高校3年生のSさん。

中学の頃から勉強は苦手で、部活をすごく頑張っていましたが勉強はほとんど手つかず。

高校3年になってすぐの模試では全科目偏差値30台という状況。

高校3年4月に生物基礎の授業で行われた2年生の授業範囲のテストでは2点という状況でした。

【 夏休みになるとともに武田塾に入塾 】

これまで勉強をほとんどしてこなかったSさんですが、看護師になりたいという夢をもち、そのために大学進学を決意しました。そして、7月の終わり頃から武田塾に入塾し受験に向けた猛勉強を開始。

午前中は10時に図書館が開くとともに勉強を始め、午後から武田塾の自習室に来て、夜の10時まで自習室で勉強をしていました。

【 駿台のマーク模試で7割! 】

まずSさんの結果が出たのは夏休み明けの学校での抜き打ちテストでした。

生物基礎のテストだったのですが、なんと70点

武田塾で勉強を始めて僅か1ヶ月ちょっとのことでした。

それまでのSさんの様子を知っていた学校の先生もとても驚いていたようです。

そして9月16日に実施された駿台のマーク模試では生物基礎の試験で35点(50点満点)。70%の得点率でした。

【 Sさんの成績がこれだけ伸びた理由 】

Sさんの成績が大きく伸びた理由は何か。

一言で言えば本人がとても一生懸命に頑張ったということになるのですが、もう少し詳しくいうと以下の点が挙げられます。