公正公平な医学部受験のために動き出す - 全国医学部長病院長会議

こんにちは。武田塾茂原校の原田です。

今年は医学部受験に関するニュースがいくつかありました。

そんな中、その医学部受験を変えていくための大きな動きがあったため紹介していきます。

【 医学部受験の暗黙の了解で存在したこと 】

以前から医学部の受験には女性が不利であるとか、再受験者には不利であるというところがあると言われてきました。

インターネットで医学部再受験に寛容な大学と検索するだけでもたくさんのページがヒットしますし、世間でも暗黙的にこういったことがあると認められてきていました。

【 医学部入試の実態が事件をきっかけに表面化 】

しかし、東京医科大学で長い間女性の受験者などに対して一律で不正な点数操作が明らかになって以降、公平公正な入試をという声が大きくなってきています。

【 全国医学部長病院長会議でより公正・公平な入試へ 】

そんな中、2018年10月13日に全国医学部長病院長会議(AJMC)は「大学医学部入学試験制度検討小委員会」を新設し、第1回の委員会を開催しました。

目的は「国民に理解される公正・公平な医学部受験を実現するため、自立的に検討を行う」というもの。