【東京理科大学】全学部入試で共通テストを利用することに


こんにちは。武田塾茂原校です。

今回は私の母校、東京理科大学の話題です。

2020年の教育改革に伴い、センター試験が廃止されて大学入学共通テストに変わるのは皆さんご存知でしょう。

これまで多くの私立大学ではセンター利用入試が実施されてきましたが、大学入学共通テストに切り替わってからはどうなっていくのか。多くの大学が検討しています。

◆東京理科大学は共通テスト導入

東京理科大学では現在のところ、A方式・B方式・C方式・グローバル方式があります。

A方式・・・センター利用型入試。センター試験の得点率で合否を判定する方式。

B方式・・・大学独自の学力試験によって合否を判定する方式。

C方式・・・センター試験の得点率と大学独自の学力試験によって合否を判定する方法。

グローバル方式・・・大学独自の学力試験によって合否を判断するが、TEAPなどの外国語検定試験の成績によっては加点がされる方式。外国語検定試験の成績提出は出願条件にもなっている。

以上のようになっています。

A方式とC方式にセンター試験が絡んでいることがわかります。

東京理科大学は2021年度入試以降はA方式とC方式において、大学入学共通テストの結果を利用するということです。

また、B方式とグローバル方式は今のところ大きな変更点はなく、B方式では大学独自の個別学力試験、グローバル方式では個別学力試験に加え外部試験による加点をした得点で合否を判定していくことになります。

A方式とB方式は全学部で実施されており、C方式とグローバル方式は理学部第二部を除いた全学部で実施されます。

◆A方式、C方式における共通テストの点数は記述式も対象に

センター試験が大学入学共通テストに変わることによって、問題の傾向自体も大きく変わります。

一番大きな変化としては、センター試験がマーク形式であったのに対し、共通テストでは記述形式の問題も含まれてくるという点です。

東京理科大学の2021年度入試以降のA方式、C方式ではこの記述形式も評価の対象とする方針です。