【在学生の声】明治大学文学部の魅力や特徴、不満


こんにちは。武田塾茂原校です。

明治大学文学部に実際に通っている学生の方に、明治大学文学部がどんなところか聞いてみました!

明治大学文学部魅力特徴不満点など、受験に向けた大学選びの参考にしてください。

◆明治大学文学部の基本情報

・キャンパス [1,2年]和泉キャンパス [3,4年]駿河台キャンパス

・設置 1903年

・定員 797人

・偏差値 62.5〜67.5

※2018年度入試の情報です。

◆明治大学文学部の魅力

私にとっての明治大学の一番の魅力は興味のある講義を選んで撮ることができるところですね。

明治大学の文学部は入学時から選考が分かれています。そのため、自分の学びたい内容に沿って講義を取ることができます。私が所属している日本文学選考では様々なジャンルの先生方がいらっしゃいますので1年次には幅広く日本文学を学ぶことができました。明治大学は文学部の選考数が多く、人文学の様々なジャンルから講義を取ることができるため、私にとってはとても面白いです。

また、文学部は1年次から基礎演習というなのゼミのような少人数の授業を必修科目で履修します。ゼミが本格化する前に体験することができるので非常に助かります。

◆明治大学文学部への不満点

キャンパスごとの環境差が大きいことですかね。

有名私立大学というだけあって概ね綺麗で使いやすくて満足はしていますが、ところどころ行き届かないところが目立つように思います。最近完成したばかりのメディア棟や図書館、食堂などは綺麗ですが、他の校舎は結構汚い教室がちらほらとあります。トイレが汚かったり、教室の使い勝手が悪かったりと、実際に通っている学生からするとそういったところから先に整備をしていってほしいと思います。

また、明大マートというコンビニが学内に存在していますが、品揃えがあまり良くなくて、できればそこも改善してほしいです。