新高校3年生必見!塾、予備校選びで重要なこと

こんにちは。武田塾茂原校の原田です。

今回は大学受験に向けた塾の選び方を紹介します。

受験で人生の全てが決まるなんてことは思いませんが、いく大学によって人生が大きく変わることでしょう。

ですから、自分が希望する大学に進学するために、自分が勉強していく環境を真剣に考えてください。

≪受験生はどのように勉強を進めていくべきなのか≫

受験生がやるべき勉強って皆さんはどういった想像をしていますか?

実は最初にやるべきことってどの科目も地味なんです。

◆受験勉強は暗記が全ての基本

例えば英語。

英語の文章を読んだり書いたりするために必要な知識って、なんだと思いますか?

まずそこから勉強していくんです。

つまり、英単語・熟語・文法です。

単語や熟語はひたすら覚えていくだけですね。文法はその単語を並べるルールです。文法書の目次を見てみると聞いたことのない文法事項はないと思います。ですからそれを整理して覚えていくだけ。

では、単語や熟語、文法を覚えるのに授業っていりますか?

授業はいらないんですよね。

他の科目だってそうです。

数学や物理はは公式を覚えて基本問題で公式の使い方と典型問題の解法を覚えるところから。

生物や化学、社会科の科目はは基本的な知識を覚えるところから。

国語は漢字や語彙を増やし、古文の単語や文法、漢文の句法や漢字を覚えるところから。

全科目まずは基本的な知識を覚えることですね。

ではもう参考書や問題集を自分で何周もやったほうがよくないですか?

◆授業は習得までに時間がかかりすぎる

そもそも予備校の授業というのは無駄が多すぎるのです。

みんなで足並みをそろえて進めていくため、自分がわかっているところもしっかり説明してくれちゃいます。

また、当然ですが授業の時間中に授業