慶應義塾大学攻略情報!法学部【倍率・合格最低点・傾向】

武田塾茂原校の原田です。

今回は慶應義塾大学の大学受験情報についてお話しします。

慶應義塾大学の入試では学部によって問題傾向が変わってきます。 受験を考えている学部に合格するためにどのような勉強をしていくのかが大切です。

そのために各学部の傾向を知り、その対策を立てていきましょう!

今回は慶應義塾大学法学部についてです。

慶應義塾大学

法学部

≪法学部の入試動向≫

・法律学科

入試方式英・社(日本史・世界史)・小論です。

配点英:200点、社:100点、小論:100点

満点400点満点

志願者2,009人

受験者1,827人

合格者336人

実質倍率4.9倍

合格最低点197点/49.3%

・政治学科

入試方式英・社(日本史・世界史)・小論です。

配点英:200点、社:100点、小論:100点

満点400点満点

志願者1,827人

受験者1,659人

合格者314人

実質倍率5.0倍

合格最低点203点/51%

≪慶應義塾大学経済学部の入試傾向≫

・英語

試験時間80分 配点200/400

✅大問の構成

筆記 1 文法問題 2 会話問題 3 会話問題 4 単語問題 5 読解問題

✅傾向

専用の対策が必要というより