大学受験の帰国生入試制度とは?

こんにちは。

武田塾茂原校の原田です。

大学入試に帰国子女の方に向けた帰国生入試というのがあることをご存知でしょうか。

今回はその帰国生入試について紹介します。

≪入試日程と受験大学を決める≫

私立大学の帰国生入試の大半は11月までに終了します。早稲田大学、慶応大学、上智大学といった私立トップクラスの大学は9月までに入試があります。

現実的な問題として、11月までに決めておかなければ私立大学の帰国生入試では受験できる大学が限られてきますので、早い時期から受験できる入試を受験していき早めに決めておくことが懸命です。

国公立大学では11月〜12月と2月〜3月で2回に分けて試験が実施されることが多いです。

2月〜3月の試験では一般入試と同日の日程で実施する大学も多くあります。

また、大学によっては一般入試と同様の問題を帰国生入試の学力試験として用いる大学もあります。

≪帰国生入試の試験方式≫

帰国生入試の試験方式には「国家統一試験などの海外成績」と「大学が実施する入試の成績」の2つの要素が合否に影響してきます。

海外成績については、IB(国際バカロレア)・アビトゥア・バカロレアなどの資格で出願する際には資格証明書や成績評価証明書などを提出します。

こういった海外成績を重視する大学、大学で実施される入試を重視する大学、そのどちらも考慮して合否を