【傾向・対策】青山学院大学への参考書ルート〜英語編〜

こんにちは。

武田塾茂原校の原田です。

武田塾茂原校にも長生高校、茂原高校、千葉南高校、千葉女子高校、東金高校などに通う青山学院大学を目指す生徒から相談を受けています。

そこで、今回は千葉県でも人気が高い青山学院大学に参考書だけで合格する方法を教えちゃいます。

【 青山学院大学の問題傾向 】

青山学院大学は全体的に英語の難易度が高い傾向にあります。

学部や入試形式によって問題は変わってきますが、特に長文問題の難易度が高くなっています。そのため、参考書のレベルとしてはMARCHレベルまでは必須。それに加えて早慶レベルの長文までやっておけるといいです。

余裕がある人はリンガメタリカという単語帳を使って長文の対策をしましょう。単語と一緒に様々な文章が掲載されており、単語帳としての役割ではなく様々な文章に触れて知っている文章を増やすという目的で使っていきましょう。単語はシステム英単語までをやっておければ十分です。

それに対して単語の語彙力、文法に関しては標準的なものになっていますのでMARCHレベルまでの参考書をしっかりと取り組んでいれば大丈夫でしょう。

英作文も出題されるところではしっかりと対策をしておきましょう。特に文学部英米学科は十分にやっておく必要があります。

また、リスニングが出題されるところを受験する場合にはこちらもしっかりと対策しておく必要があります。

その場合はセンターレベルではなくもう一歩上のレベルまでやっておくと良いでしょう。

【 青山学院大学対策の参考書 】

< 日大レベル >

・システム英単語

武田塾オススメの単語帳はシステム英単語ですが、他の単語帳であってもしっかりと完成度を上げて仕上げてくれれば他の単語帳でも構いません。

・速読英熟語