【傾向・対策】青山学院大学への参考書ルート〜化学編〜

こんにちは。

武田塾茂原校の原田です。

武田塾茂原校にも長生高校、茂原高校、千葉南高校、千葉女子高校、東金高校などに通う青山学院大学を目指す生徒から相談を受けています。

そこで、今回は千葉県でも人気が高い青山学院大学に参考書だけで合格する方法を教えちゃいます。

【 青山学院大学の問題傾向 】

青山学院大学の化学の試験時間は80分、150点満点という試験になっています。

大問3題の構成となっていて、大問1は理論化学中心、大問2は無機化学中心、大問3は有機化学中心の問題となっています。

大問1の理論化学では熱化学方程式の基本的な計算や、化学平衡に関する基本的な計算ができているかどうかを見るような問題も出題されていました。理論化学の知識だけでなく、基本的な計算もできるように押さえておきましょう。

具体的な参考書としてはMARCHレベルの参考書である、基礎問題精講に掲載されているような計算問題はしっかり解けるようにしておきましょう。

大問2の無機化学の問題では、反応式を答えさせる問題が出題されていますので、無機化学の代表的な化学反応式はもれなくしっかり暗記しておきましょう。