【大学受験情報】立教大学の偏差値・入試傾向と対策

こんにちは。

武田塾茂原校の原田です。

今回は全国的に人気が高い大学である立教大学について紹介します。

立教大学とは?

立教大学は、東京都豊島区西池袋3-34-1に本部を置く日本の私立大学であり、1922年に設置されました。

日本聖公会系のキリスト教主義学校(ミッションスクール)であり、もともとは米国聖公会の宣教師チャニング・ムーア・ウィリアムズ主教が設立した聖書教育と洋学教育の私塾である立教学校が母体です。設立当初の英語名称はSt.Paul's School。その後に大学として改変されたことから、第二次世界大戦前にはSt.Paul's Collegeと変更。現在は正式な英称をRikkyo Universityとしていますが、Saint Paul's UniversityまたはSt.Paul's Universityとも呼ばれます。

立教大学は早稲田大学、慶應義塾大学、明治大学、法政大学、立教大学、東京大学(後に日本最古の大学野球の対校戦である東京六大学野球となる)で構成される東京六大学(東京六大学野球連盟)の一校となっています。

【 偏差値 】 ・文学部

セ試得点率 81%~87% 偏差値 57.5~62.5

・異文化コミュニケーション学部

セ試得点率 89%~90% 偏差値 62.5~65.0

・経済学部