【傾向・対策】法政大学への参考書ルート〜英語編〜

こんにちは。

武田塾茂原校の原田です。

武田塾茂原校にも長生高校、茂原高校、千葉南高校、千葉女子高校、東金高校などに通う法政大学を目指す生徒から相談を受けています。

そこで、今回は千葉県でも人気が高い法政大学に参考書だけで合格する方法を教えちゃいます。

【 法政大学の問題傾向 】

法政大学は他大学に比べ日程で傾向が変わりやすい大学ですが、基本的に対策としては単語・文法・構文・長文・会話表現など鍛えておくことです。

文法問題で整序問題が出題されたりしますが、センターレベルの文法がしっかりとできて入れば問題ないでしょう。

一番しっかり対策しておくべきは長文読解です。文章自体は長すぎる長文でもなく読みづらい文章ではないです。そのため、MARCHレベルの長文までやっておければいいでしょう。

問題となるのは設問です。設問で聞いてくるポイントがこれまでやってきた長文問題に比べずれたところを聞いてくる印象を受けるかもしれません。そのため、しっかり過去問に取り組む必要があります。1学部しか受験しない場合でも2〜3学部の過去問に触れておくことをお勧めします。

【 法政大学対策おすすめ参考書 】

< 日大レベル >

・システム英単語

武田塾オススメの単語帳はシステム英単語ですが、他の単語帳であってもしっかりと完成度を上げて仕上げてくれれば他の単語帳でも構いません。

・速読英熟語

シャドーイングとしても熟語帳としても使える優れもの!

シャドーイングとして使う場合は別売りのCDも併用するといいでしょう。