【大学受験情報】法政大学の偏差値・入試傾向と対策

こんにちは。

武田塾茂原校の原田です。

今回は全国的に人気が高い大学である法政大学について紹介します。

【 法政大学とは? 】

法政大学は、東京都千代田区富士見2-17-1に本部を置く日本の私立大学で、1920年に設置されました。

1880年4月設立の東京法学社(のち東京法学校) および1886年設立の東京仏学校を前身とする、私立総合大学です。明治初期の頃、近代国家にふさわしい制度づくりの必要性や、自由民権運動が高揚する時代背景などから、近代的な法治システムや権利義務等を教育する、フランス法系の私立法律学校として創設されました。なお、現存する日本の私学の中では最古の法学部を有しています。また、1920年に大学令準拠の旧制私立大学に昇格した一校であり、東京六大学の一校としても知られています。現在では、15学部・大学院17研究科を抱える総合大学となっており、「スーパーグローバル大学」に選定されています。

【 偏差値 】

・法学部
セ試得点率 76%~84% 偏差値 60.0~62.5
・文学部