【傾向・対策】明治大学への参考書ルート〜化学編〜

こんにちは。

武田塾茂原校の原田です。

武田塾茂原校にも長生高校、茂原高校、千葉南高校、千葉女子高校、東金高校などに通う明治大学を目指す生徒から相談を受けています。

そこで、今回は千葉県でも人気が高い明治大学に参考書だけで合格する方法を教えちゃいます。

【 明治大学の問題傾向 】

受ける学部によって大問の数がやや変わって来ます。

理工学部は80分で大問3題、農学部は大問5題で60分、全学部試験では60分で大問4題となっていました。

問題の特徴としては、問題数が多めで知識・計算どちらもバランスよく出題されています。

求められる知識や計算のレベルとしてはMARCHの中で難しいということはありません。しかし、広い分野から満遍なく出題されてもいいよう準備をしておくことが大前提になってきますので、基本的なことはしっかりと仕上げた上で問題演習に取り組んでいくようにしましょう。

明治大学の試験は基本がどれだけしっかりできているかが点数に正直に反映されやすいということを頭に入れておきましょう。

難易度はそこまで高くないという話をしましたが、その分問題数が多くなっています。