【傾向・対策】中央大学への参考書ルート〜国語編〜

こんにちは。

武田塾茂原校の原田です。

武田塾茂原校にも長生高校、茂原高校、千葉南高校、千葉女子高校、東金高校などに通う中央大学を目指す生徒から相談を受けています。

そこで、今回は千葉県でも人気が高い中央大学に参考書だけで合格する方法を教えちゃいます。

【 中央大学の問題傾向 】

<現代文>

聞いてくる問題の難易度自体はあまり高くありませんが、長めの文章が出題される傾向にあり、読むのが遅い人にとっては解ききることが難しいと言えます。

解くスピードというところも難易度として含めるのであれば難易度は上がります。

法学部に関しては他の学部と難易度が大きく変わることはありませんが、より時間が厳しい試験となってくるでしょう。また、ときどき社会科学系の知識がないと厳しい文章が出題されることがあるため、そう言ったジャンルの文章に触れておくと良いでしょう。

<古文>

文学部と法学部は難易度が高め。特に法学部は難易度が高くなっています。この2学部では読解が中心の問題構成。

その他の学部はさほど難易度は高くなく知識問題が中心。

対策としてはまずしっかりと基本的な知識を充実させることが大切です。文学部、法学部はその上で読解の練習をより積んでおくことが大切です。

また、国語全体での時間が厳しい試験となってきますので、古文では1問1問素早く判断できるよう演習を積んでおく必要があります。

<漢文>