千葉大学入試情報!入試状況、科目ごとの対策は?

こんにちは。

武田塾茂原校の原田です。

千葉大学といえば全国的にも有名な国立大学で、千葉県内での人気がとても高い大学です。

千葉大学にいくために、まずは千葉大学の入試状況をしっかりと把握しましょう。

入試形式

千葉大学国公立大学ということで、センター試験の得点と二次試験の得点を合わせて合否の判定が行われます。

センター試験と二次試験の得点比率は前期入試では1:1から1:2ということで全体的に二次試験の得点が占める割合がやや高くなっています。

センター試験の内容は基本レベルですので、センター試験でしっかり得点ができることが大前提であり、その上で応用的な内容がどこまで出来るかということになりますので、まずはセンター試験に向けた対策をがっつりとやっていく必要があります。

基本さえしっかりとできていれば、二次試験を過去問のやり込みを中心とした勉強で合格点まで引き上げていくことも不可能ではありません。

その上で得意な科目を中心に二次試験向けの勉強をしていくことで合格が見えてきます。

また、AO入試も実施されており、こちらでは面接の試験などに加えてセンター試験の得点で合否の判定が行われます。

たとえ面接に合格していたとしても、センター試験の得点が足りていなければ不合格になってしまいます。

合格点はどれくらい?

一般入試では最初の関門がセンター試験になってきます。

センター試験の目標点数は学部によって異なりますが、文系学部は75%〜80%、医・薬を除く理系学部は80%、薬学部は85%、医学部は90%を目標にしていくことになります。

後期試験ではもう少し高い得点率が求められてきます。

センター試験と二次試験を合計した得点では文系学部は65%前後、医・薬を除く理系学部では55〜65%、薬学部は70%、医学部は75%の得点率が合否を分けるラインになってきます。

千葉大学は二次試験の配点が半分以上となるところが多いため、センター試験が目標より少し足りないくらいであれば二次試験での挽回が効きます。

ですが、そのためには二次試験でしっかり高得点を取れる力があることが必要になってきます。

倍率はどれくらい?

多くの学部は3〜4倍という倍率になっています。

ただし、薬学部医学部では5倍を超える倍率となっており、競争率の高い学部になっています。

そのほかで注目すべきところとしては、2016年4月から新設された国際教養学部は一昨年の2.8倍から4.2倍へと倍率が大きく上昇しています。

各科目の対策

英語 国語 文系数学 理系数学 物理 化学 生物 日本史 世界史

各科目の問題傾向、その対策、オススメ参考書を紹介しています。

※画像クリックで対策ページに飛びます。

『無料受験相談』

武田塾 茂原校では随時無料の受験相談を行っております。

志望校選び、正しい勉強方法、偏差値を上げる方法、将来のこと、どんな内容でも個別に対応いたしております。

【武田塾 茂原校 茂原の個別指導塾・予備校】 〒297-0023 千葉県茂原市千代田町 Nビル 1F 外房線 茂原駅 徒歩1分 TEL:0475-44-5106 Mail:mobara@takeda.tv

関連記事
​カテゴリー
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
カテゴリー
武田塾とは
ブログ記事

日本初!授業をしない予備校

武田塾 茂原校

まずは無料でご相談くだい

​千葉県茂原市千代田町1-10-8

Nビル1階

TEL : 0475-44-5106

​※外房線 茂原駅 徒歩1分

ソーシャルメディア:

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter Clean