偏差値40台から青山学院大学に合格する方法

こんにちは。

武田塾茂原校の原田です。

今回は偏差値40台からの大学受験を想定して、どうすれば明治大学に合格できるのか考えていきましょう。

茂原校にも長生高校、茂原高校、土気高校、市原中央高校、千葉南高校、千葉女子高校などからGMARCHの大学へいきたいという相談が数多く寄せられています。

【 青山学院大学とは? 】

青山学院大学とは学習院大学・明治大学・立教大学・中央大学・法政大学と並びGMARCHと呼ばれる有名私立大学です。また、入試難易度としても偏差値60前後が要求される難関私立大学です。

青山学院大学はオシャレなイメージを持つ方も多く、とても人気が高い大学の一つです。人気があるのはそのイメージだけではなく、様々な面で評価を受けている大学であることが挙げられます。

【 偏差値40台から青山学院大学に合格するには? 】

青山学院大学の偏差値はおおよそ60前後です。そのため、どうすれば偏差値60まで上げられるのかを考えればいいのです。

皆さんどうすれば偏差値60まで上がると思いますか?

逆にどうして現状偏差値60無いんだと思いますか?

では少し想像してみてください。

皆さんは英単語の単語帳どれくらい覚えていますか?

武田塾が推奨するシステム英単語は2021語です。2021語どの単語の意味を聞かれても全て答えられる状態にしたらどうですか?そんな友達が周りにいたら英語の偏差値すごく良さそうじゃないですか?

これは他の科目でも同じことです。

実際、基本的な知識の暗記をしっかりとしてしまえば、ほぼ全員が偏差値55〜60までは伸ばせます。感のいい人なら60強までは伸ばせるのです。

青山学院大学の問題の特徴として一般的によく言われていることは、英語の難易度が高く国語の難易度が低いことが挙げられます。英語はしっかりと対策をして、国語はセンター試験レベルや日東駒専レベルのものをしっかりと読めるように、解けるようにしておければ十分に合格は見えてきます。

基本知識のインプットをしっかりして、それが終わったら英語に力を入れていきましょう。

【 青山学院大学合格のために今すぐ始めるべきこと 】

青山学院大学合格を目指すためには基本知識の暗記は必須です。英語は特にしっかり取り組む必要があります。以下に記したものから始めていきましょう。

部活などで忙しい1、2年生は半分のペースでも構いません。

・英単語 1日100個

・古文単語 1日20個

・数学の入試基礎レベルの問題集 1日10〜12題

この他にも物理・化学・生物の理科科目や、日本史・世界史などの社会科の科目もやっていく必要があるでしょう。

そういった科目も英語や国語、数学と同じようなペースで進めていけるように頑張りましょう。

英単語100個なんて多すぎて無理だと思った方。武田塾の塾生はみんなやってきました。偏差値30台の生徒もやってきました。あなたに出来ないわけはありません。

どうしたら英単語100個できるのか想像がつかない方は武田塾に相談に来てください。

そこで勉強法、成績アップの方法をお伝えします。

『無料受験相談』

武田塾 茂原校では随時無料の受験相談を行っております。

志望校選び、正しい勉強方法、偏差値を上げる方法、将来のこと、どんな内容でも個別に対応いたしております。

【武田塾 茂原校 茂原の個別指導塾・予備校】 〒297-0023 千葉県茂原市千代田町 Nビル 1F 外房線 茂原駅 徒歩1分 TEL:0475-44-5106 Mail:mobara@takeda.tv

関連記事
​カテゴリー
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
カテゴリー
武田塾とは
ブログ記事

日本初!授業をしない予備校

武田塾 茂原校

まずは無料でご相談くだい

​千葉県茂原市千代田町1-10-8

Nビル1階

TEL : 0475-44-5106

​※外房線 茂原駅 徒歩1分

ソーシャルメディア:

  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter Clean