中学3年生の高校受験をにむけた勉強法【模試を活用して効率的な勉強を】

こんにちは。

武田塾茂原校の原田です。

前回は中学1、2年生向けの高校受験を意識した勉強方法について紹介しました。

中学1年生、2年生の高校受験を意識した勉強法【定期テスト対策】

今回は受験まで残り数ヶ月となった中学3年生の高校受験に向けた勉強方法を紹介します。

【基本的な勉強方法】

高校受験に向けた勉強としてはほとんどの生徒で変わりません。やっていくことは暗記することです!

偏差値65くらいまでは知識を穴がないようにしっかりと覚えていけば誰でも伸ばしていくことができます。基本的に知って入れば解ける、知らなければ解けないと言う問題が圧倒的に多いのです。そのため、知識の抜けがないように暗記をしていきましょう。

暗記をしていく時には重要事項が赤シートで隠せるような教材があると良いでしょう。本屋さんで高校受験用の参考書をみてみると、暗記のために赤シートを活用できる問題集はたくさんあります。

数冊見てみた中で気に入ったものがあればそれを買ってやっていきましょう。適当だなーと思った方、大切なことは問題集1冊どこから聞かれても答えられるように仕上げることが大切です。高校受験対応の参考書であれば問題ありません。

【模試をしっかりと活用しよう】

千葉県では”V模擬”と”Sもぎ”という2つの模試が有名です。3年生になると毎月実施されています。この模試をしっかりと活用していってください。

模試を活用すると一口に言っても、その活用度というのは人によって大きく差があるものです。模試というのは偏差値などをみて自分の位置を知ったり、志望校の合格可能性判定がでてきますが、それ以上に見ておくべきところがあるのです。

おそらくそれぞれの設問のテーマ(単元)と正答・誤答の一覧が出ていることでしょう。これを見ていくと、

・今自分が出来ていることと出来ないこと

 →これから力を入れて勉強しなくてはいけないところ、見直すべきところ

これがしっかりと見えてきます。そうすればそのあとの勉強をより効率よく進めていくことができるのです。

【偏差値65以上の人の勉強法】

偏差値がどの科目もほぼ65以上になっている方は新たに覚え直す知識はそんなにありません。多少知識に穴があったとしてもそれを覚えるために問題集を一冊やり直すのでは効率が悪いです。

そのため、過去問や同じ形式の問題を使って演習をしていきましょう。そして、間違えた問題、出来なかった問題があれば、その都度周辺知識と一緒に確認して覚えていきましょう。また、苦手な科目の方が伸びしろが多くあるため、問題集を並行して苦手科目の対策をしていくとなお良いでしょう。

『無料受験相談』

武田塾 茂原校では随時無料の受験相談を行っております。

志望校選び、正しい勉強方法、偏差値を上げる方法、将来のこと、どんな内容でも個別に対応いたしております。

【武田塾 茂原校 茂原の個別指導塾・予備校】 〒297-0023 千葉県茂原市千代田町 Nビル 1F

外房線 茂原駅 徒歩1分 TEL:0475-44-5106 Mail:mobara@takeda.tv

タグ:

関連記事
​カテゴリー
最新記事