【科目別】センター試験の過去問をやりこむべきか?

こんにちは。

武田塾茂原校の原田です。

今回はセンター試験の各科目の特徴をまとめました。

そこから、過去問をやりこむ価値があるのかどうかというところが見えて来ます。

今回は私の独断と偏見で各科目の過去問の重要度をつけていきます。

英語 過去問重要度:★★★☆☆

文法や発音アクセント問題といった知識を問う問題は知っていれば解ける問題です。文法問題は語法の問題も含まれて来ますので語彙力を鍛えておけば取れるという問題もあります。いずれも基本的なレベルの問題となっています。

長文問題は資料を含む問題やエッセイなどありますが、いずれも文章のレベルはさほど高くありません。文章の構成が複雑なわけでもなく、抽象的な文章でもなく、構文的に難しい文章があるわけでもありません。

英語の試験で時間が足りないという人がいますが、知識が足らずに止まってしまっていて遅いのであれば知識固めを、全体的に読み進めるのが遅いのであれば速読トレーニングをすることで時間短縮をしていきましょう。

そのため、時間内に解けるようになったかどうかを確かめるために繰り返し過去問に取り組む意味はあると言えます。

数学 過去問重要度:★★☆☆☆〜★★★☆☆

センター試験の数学は形式が独特な試験になっています。

そのため、センター数学攻略のためにはこの形式に慣れておく必要があります。

また、文系の人で数学であまり点数を稼ぐ必要がいない人は捨てる問題が出て来ていいので、どの問題を捨てるのかという判断力を鍛えるために過去問をやり込んでおく価値はあります。

数学は形式慣れと捨て問判断のために過去問に取り組んでおきましょう。

文系でやり込んで捨て問判断と傾向慣れが必要な人は★★★☆☆。

理系で数学をしっかり勉強している人は誘導があってもなくても解ける人も多いとは思いますので、数学が得意であれば目標の点数は取れているかもしれません。そういった人は★★☆☆☆です。

国語 過去問重要度:★★★★☆

なんといっても時間との戦いになる国語。時間内で解き切るための練習として、時間配分なんかを考えながら解く必要があり、過去問演習を通してそういった部分を練習していくことが大切です。

古文と漢文に関しては、しっかりとした知識があれば解ける問題となっており、いかに基本の知識がしっかりしているかを試す内容になっています。センター試験の過去問に取り組み、復習までやることで一般入試の力を上げていくことも可能であると言えます。

物理・化学 過去問重要度:★★☆☆☆

この2科目に関してはセンター試験の科目のやり込みはそこまで必要はないと言えます。