センター試験対策!数学で高得点を取る方法

こんにちは。

武田塾茂原校の原田です。

今回はセンター試験の数学について。

センター数学は理系の数学好きからしたら簡単という人もいるんですが、数学が苦手な人からしたら難しいんですよね。

ただ、そうはいってもセンター試験。基本的な問題の出題がメインになっているんです!

そんなセンター試験の戦い方を伝授します。

【 センター試験の数学で高得点を取るポイント 】

センター数学で高得点を取るためには次のようなステップがあります。

①公式の暗記

②公式の使い方を身につける

③典型問題のパターンを覚え、自分でできるようにする

④センター演習

では一つ一つ詳しく紹介していきましょう。

< ①公式の暗記 >

まず第一に公式の暗記です。

公式を知らなくては始まりません!

教科書でもいいんですが、問題集の公式がまとめられているページなんかでもいいです。

まずは公式を覚えましょう!

< ②公式の使い方を身につける >

公式の暗記と並行して行って欲しいのが公式の基本的な使い方を理解すること。

簡単な問題でこの公式はこうやって使うんだということを理解して行って欲しいです。

教科書の練習問題や基礎レベルの例題などで取り組めばいいでしょう。

< ③典型問題のパターンを覚え、自分でできるようにする >

公式の使い方がわかったら典型問題と呼ばれるものの解法を覚えましょう。

このとき複雑な理解はいりません。

こういう条件の時にはこの手段・公式が使えるというように、条件と解法を結びつけて覚えるだけでいいです。

余計なことまで理解しようとすると時間がかかってしまいますし、覚えきれなくなってしまうこともあります。

もちろん一緒に理解もできた方がいいんですが、短期間での時間効率を優先した勉強の場合は後回しでいいです。

条件と解法の紐付けがしっかりとできていれば、違う形式で聞かれても大丈夫なはずです!

< ④センター演習 >

総仕上げにセンター形式の問題で演習をしていきましょう!

ただし、数1へのデータの分析の追加など近年で変わった部分もあるため、予想問題集を解いていくのがいいかもしれません。この手の問題集は何種類か販売されているため、もっと演習量が欲しいという人でも十分な量の演習が可能です。

【 センター数学は8割は取れる!数学が得意なら満点も狙える! 】

結局のところセンター数学もシンプルに考えれば基本事項の暗記典型問題の解法暗記センター形式への慣れということになってくるので、他の科目とたいして変わりはありません。

むしろ、英語や国語、社会科といった科目に比べて覚えなくてはならない公式は少なく、8割を基準にして考えるとコスパがいい科目とも言えます。

さすがに、分数計算が苦手だとか、連立方程式が解けないという状況からでは時間がかかってしまいますが、中学レベルまでがある程度できていれば大丈夫です。

具体的にどんな参考書を使うのか。どのようなペースで進めるべきか気になる方は武田塾にお問い合わせください!

状況を聞いた上で一人一人に合わせた市販の参考書での最短ルートをお伝えします!

『無料受験相談』

武田塾 茂原校では随時無料の受験相談を行っております。

志望校選び、正しい勉強方法、偏差値を上げる方法、将来のこと、どんな内容でも個別に対応いたしております。

【武田塾 茂原校 茂原の個別指導塾・予備校】 〒297-0023 千葉県茂原市千代田町 Nビル 1F 外房線 茂原駅 徒歩1分 TEL:0475-44-5106 Mail:mobara@takeda.tv

関連記事
​カテゴリー
最新記事