センター試験対策!国語で8割以上を取るための勉強法

こんにちは。

武田塾茂原校の原田です。

今回はセンター試験の国語についてです。

国語という科目は他の科目に比べ点数がぶれやすく、勉強法が分からないという声もよく聞かれる科目です。

ですが、センター試験の国語はやり方次第で安定した点数を取ることも可能なのです。

【 センター試験の国語はまず古文・漢文から 】

センター試験の国語は現代文が評論と小説で各50点、計100点。

古文が50点、漢文が50点。全部で200点満点の試験となっています。

よってそれぞれの対策が必要となってくるわけですが、その対策には効率的な順序があります。

先ほどもいった通り、国語はよく点数がぶれやすい科目だと言われます。その大きな要因は現代文にあるんです。

古文・漢文はしっかりやれば現代文よりも点数が安定しやすいんです。

というのも、現代文に比べ古文・漢文は知識に依存する要素が大きいためおさえるべき知識がしっかりしていれば安定するのです。

古文であれば単語文法古文常識といったもの。漢文であれば句法基本漢字といったもの。

これらの知識をしっかりインプットして、読解練習でアウトプットしていけば点数は安定しやすいんです。

古文は読解における技術的な部分も多少ありますが、漢文は覚えるべきものを覚えてしまえば短期間で満点か1問ん間違いくらいで安定します、

仮に古文と漢文が満点だった場合、現代文が6割しか取れていなくても全体では160点で80%の得点率になります。

ゆえにまずは古文・漢文を完成させてしまうことがセンター国語高得点への近道となります。

直前期で残りの期間が少ない状態から得点を引き上げたい場合は古文と漢文から仕上げていきま