スタディサプリを塾や予備校と併用するときの最強勉強法!

授業をしない塾の武田塾茂原校です☆

スマートフォンの普及によって様々なサービスが増えました。

そして今や講義がスマートフォンで手軽に受けられる時代になったのです。

そこで今回はスタディサプリを使った最善の勉強法を紹介します。

実はスタディサプリは塾や予備校と併用する人が多いのですが、一番相性がいいのは武田塾なんです。

そのあたりも詳しく紹介していきます!

映像授業の超有名予備校についてはコチラ!

東進衛星予備校と武田塾を徹底比較!どっちがいいの?

塾・予備校探しにお困りの人はコチラ!

【茂原の塾選び】新受験生の間違いだらけの塾・予備校選び2019

【 スタディサプリの強み 】

スタディサプリでは映像授業が主要5教科で4万本以上用意されています。

そしてこの映像授業が見放題!!!

それでいて、月額は980円という低価格。

いやもう素晴らしいですよね。

映像授業で有名な東進ハイスクール、東進衛星予備校、河合塾マナビスなどがありますが、価格が段違いです!

【 スタディサプリの欠点 】

スタディサプリの欠点というほどのことでもなく、当然のことなのですが、あくまでもスタディサプリは映像授業です。

ですから、スタディサプリを見て勉強した気になって記憶の定着や問題を通してのアウトプットをしなくては成績は上がりません。

そのため、問題集などを使って演習をすることが重要になってきます。

ここをやるかどうか、どこまでの精度でやるかは皆さん次第です。

そしてこの自学自習をどれだけやったかが皆さんの成績・偏差値につながり、最終的に志望校合格に繋がるということを忘れないでください。

【 スタディサプリの効果的な使い方 】

ではそんなスタディサプリをどうやって使っていくのがいいのか紹介しましょう。

それは参考書、問題集との併用です。

参考書や問題集はいくつか種類があります。

・講義系参考書

・単語系参考書

・文法系参考書

・読解系参考書

・数学、理科系参考書

このうちスタディサプリの映像授業では講義系参考書のサポートをしてくれます。

講義系参考書は言ってみれば授業を文字に起こしたような参考書です。

この参考書を読み込めば予備校の授業は不要ですし、学校の授業でよくわからなかったところもこれを読めばほぼ解決するでしょう。

ですが、講義系参考書の難点が一つあります。それは文字の量が多いこと。

本を読むということができる人なら大丈夫です、ただし、長い文章を読むとなると集中力が持たなかったりする人にとっては辛いかもしれません。試しに講義系参考書を1冊手にとって読んでみることをお勧めします!

この難点をカバーしてくれるのがスタディサプリなんです。

講義系参考書を読むのが辛い人でも、映像授業を聞くことでその負担が一気に減らせます。

・まず映像授業を見る

その講義を受けながら、もしくは受けた後に講義系参考書を読めば理解できているところは流し読み、理解がイマイチなところは講義の話を思い出しながら集中的に読んでいけば、苦手分野でも学校で未履修の範囲でも、文転・理転して1から始める科目であっても大丈夫でしょう!

重要なところには蛍光ペンで線を引いたり書き込みをしていくのも効果的です。

(講義系参考書で勉強できる人はスタディサプリを使わなくても構いませんよ。)

・問題を解く

映像授業と講義系参考書で理解が進みました。それが頭に残っているうちに問題を解きましょう。

映像授業を見た段階では「わかる」状態になっただけですから、問題を解いて「できる」という状態にまでしておかなくてはもったいないです。そうでないとしばらく期間を開けた時にほとんど忘れてしまい、また映像授業を見直さなくてはなりません。

解けなかった問題は解説を読んですぐに解き直しをしましょう。解説を読んでもわからなかった問題はわかる人に聞きましょう!

これを繰り返すことで成績を上げていくことができるでしょう。

◆スタディサプリと武田塾の併用という最強勉強法

スタディサプリの使い方を説明しているインターネット上の記事の多くには、

スタディサプリと予備校を併用するケースが非常に多い

という記載があります。

予備校でも授業があるのにスタディサプリでも授業を受けなくちゃいけない状況ってなんだよ!

と読んでいて思わずツッコミを入れてしまいましたww

◆塾と併用するのであれば武田塾

というのも、武田塾は「授業をしない塾」であり「自学自習を徹底管理する」という特徴があります。

また、講義系参考書も含めたカリキュラムを作成しているため、講義系参考書の代わりや理解度を高めるためにスタディサプリを使用し、「わかる」から「できる」ようにするところを武田塾でやっていくのが最も効率がいいのです。

さらに武田塾では毎週の確認テストで1週間の勉強内容がしっかりと定着しているかを確認します。

また、東進・河合塾・駿台などの予備校では受験学年だと年間で100〜200万円の費用がかかります。それに比べ、武田塾は多くの生徒が年間約70万円ほどの費用で済んでいます。

(各塾の費用は科目数や受講数、コースによって変動します。)

コスト面から見てもスタディサプリと塾を併用するなら武田塾が一番なのです。

さらに詳しい進め方は校舎での面談でお話ししています。

ご希望の方は無料受験相談をご利用ください。

『無料受験相談』________________

武田塾茂原校では随時無料の受験相談を行っております。 志望校選び、正しい勉強方法、偏差値を上げる方法、将来のこと、どんな内容でも個別に対応いたしております。

【武田塾茂原校 茂原の個別指導塾・予備校】 〒297-0023 千葉県茂原市千代田町 Nビル 1F 外房線 茂原駅 徒歩1分

TEL:0475-44-5106 Mail:mobara@takeda.tv

アクセスはコチラ!

関連記事
​カテゴリー
最新記事